7e OFFICIAL BLOG

ウェブサイトをつくるなら知っておきたい「超」基本知識~はじめてのウェブサイト制作~

これを分かっていれば、ひとまず大丈夫。

ウェブサイトをつくるなら、最低限、次の3つについて知る必要があります。

  1. インターネット
  2. サーバー
  3. ドメイン

これらをざっくり理解して初めて、ウェブサイトをつくる「前準備」が整ったといえます。

インターネットについて

インターネットとは、世界中に張り巡らされた巨大な「コンピュータ・ネットワーク」のことです。私たちはそのインターネットの下で、ウェブサイトを閲覧したり、自らウェブサイトをつくり情報発信を行うことができています。ただしウェブサイトは、つくっただけでは自分のパソコンでしか見ることができません。自分でつくったウェブサイトを世界中に公開させるには、必ず「サーバー」と「ドメイン」がセットで必要となります。

サーバーについて

ウェブサイトをサーバーに置くことによって、サーバーにアクセスした人(誰でも)がウェブサイトを閲覧できるようになります。サーバーとは、他の端末からのリクエスト(「セブンイーの公式ウェブサイトを表示したい」などの要求)に対して情報を提供するコンピューターのことです。

ドメインについて

ドメインとは住所のようなもので、当サイトでいう「https://office7e.com」がそれに当たります。インターネット上に存在するウェブサイト一つひとつに、このドメインが割り当てられていることで、特定のウェブサイトを呼び出したり閲覧することができます。

まとめ

家を建てるときに土地と住所が必要であるように、インターネット上にウェブサイト(≒家)を存在させるには、サーバー(≒土地)とドメイン(≒住所)が必要です。

  1. ウェブサイトは自動的に、世界中に公開されるわけではない。
  2. ウェブサイトには「サーバー」と「ドメイン」がセットで必要。
  3. サーバーとは、インターネット上の土地のこと。
  4. ドメインとは、インターネット上の住所のこと。

関連記事一覧

PAGE TOP