7e OFFICIAL BLOG

レイヤーパレットの使い方!図解で覚えるIllustrator~イラレ基本操作編~

ここでは、Illustratorの基本操作としてレイヤーパレットの使い方について説明をします。また説明に用いるソフトのバージョンは「Illustrator 24.0」です。

ソフトの購入がまだの方は、下記ボタンからIllustratorを含むAdobeソフトの購入ページに移動できます。

Adobe Creative Cloud コンプリート

レイヤーとは

まず、Illustratorにおけるオブジェクトには「重ね順」があり、これはデスクの上で紙が重なるのと同じです。そしてレイヤーとは、一言では「アートボード上の透明のフィルム」のことで、紙を整理するクリアファイルに似ています。数枚の紙をクリアファイルにまとめて、さらにそのクリアファイルを重ねるイメージをするとわかりやすいかもしれません。

「レイヤー」という単語は、もともと「層(layer)」を意味する英語です。新しいドキュメントのレイヤーは1枚ですが、説明図などを作成する際、レイヤーを追加して図とテキストを別のレイヤーに分けて編集すると、オブジェクトを階層別に管理することができます

■ 表示コラム
項目が表示されているかどうかを示します。アイコン(目マーク)が表示されていると、そのレイヤー内のすべてのオブジェクトが表示され、空白の状態ではレイヤーは非表示になります。
■ 編集コラム(ロック)
項目がロックされているかどうかを示します。アイコン(鍵マーク)が表示されていると、レイヤーが固定され編集はできなくなり、空白の状態では通常通りの編集が可能です。
■ ターゲットコラム
項目がターゲットとして指定(アピアランス効果など)されているかどうかを示します。二重の輪のアイコンのときは、そのレイヤーがターゲットとして指定されていることを示し、一重の輪のアイコンのときは指定されていないことを示します。
■ 選択コラム
項目が選択されているかどうかを示します。カラーボックスが表示されていると、そのレイヤーが選択されていることを示し、空白の状態では選択されていないことを示します。

レイヤーの使い方

新規レイヤーを作成する

新規レイヤーは作成すると、レイヤーパネルで選択されているレイヤーの上(前面)に作成されます

  1. まずは、レイヤーパネルの任意のレイヤーを選択します。
  2. レイヤーパネルの下部にある新規レイヤーを作成アイコン(右から2番目)をクリックします。
  3. 新規レイヤーが作成されます。

オブジェクトを別レイヤーに移動する

オブジェクトを今あるレイヤーから、別のレイヤーに移動する方法です。

  1. 移動するオブジェクトを選択しします。
  2. レイヤーパネルで、移動先となるレイヤーを(作成して)選択し、右クリックします。(もしくは、メニューバーの「オブジェクト」をクリックします。)
  3. 「重ね順」という項目の選択しているレイヤーに移動をクリックします。(もしくは、レイヤーからレイヤーに、ドラッグアンドドロップでも可能です。)
  4. オブジェクトが任意のレイヤーに移動します。

サブレイヤーの作成と分配

1つのレイヤー内にまとまっている複数のオブジェクトを、「サブレイヤー」として個々のレイヤーに分配する方法です。

  1. レイヤーパネルで、複数のオブジェクトがまとまっているレイヤーを選択します。
  2. レイヤーパネルメニュー(レイヤーパネルの上部右側にあるアイコン)をクリックし、サブレイヤーに分配(シーケンス)を選択します。
  3. オブジェクトがサブレイヤーに分配されます。

またサブレイヤーに分配(ビルドは、それぞれのオブジェクトがサブレイヤーに分配されると同時に、背面になるオブジェクトが蓄積されます。この機能は、ウェブアニメーションを作成する際に重宝します。

レイヤーを1つに統合する

複数のレイヤーを1つにまとめる方法です。また統合を実行しても、オブジェクトの「重なり順」は維持されます。

  1. レイヤーパネルから、1つにまとめる項目を(「Shift」を押しながら一括選択、または「Ctrl/⌘」を押しながら複数選択で)選択します。
  2. レイヤーパネルメニューをクリックし、選択レイヤーを統合を選択します。
  3. オブジェクトが1つのレイヤーに統合します。

またドキュメント内のオブジェクトすべてを1つのレイヤーに統合する場合は、レイヤーパネルメニューのすべてのレイヤーを統合を選択します。

「選択レイヤーの統合」と「すべてのレイヤーを統合」はレイヤーをまとめるという点では同じですが、「選択レイヤーの統合」では選択した任意のレイヤーだけをまとめられるのに対し、「すべてのレイヤーを統合」はドキュメント内のレイヤーすべてを1つにまとめてしまう点で異なります。

レイヤーの重ね順を変更する

レイヤーの重ね順を変更したい場合は、レイヤーパネル内で移動したいレイヤーをドラッグアンドドロップし、任意の場所に移動させましょう。

【補足】オブジェクトを検索する

Illustratorでは、選択中のオブジェクトがレイヤーパネルのどこに位置するかを検索することができます。

  1. ドキュメントウィンドウ内から検索したいオブジェクトを選択します。(複数のオブジェクトを選択した場合は、最前面のオブジェクトのレイヤーが探索の対象になります。)
  2. レイヤーパネルの下部にある選択したオブジェクトを探すアイコン(左から2番目)をクリックします。
  3. レイヤーパネルに、検索したオブジェクトが選択表示されます。

ショートカットキー

Windows Mac
新規レイヤーの作成 Ctrl + L ⌘ + L
最前面へ移動 Shift + Ctrl + ] Shift + ⌘ + ]
前面へ移動 Ctrl + ] ⌘ + ]
背面へ移動 Ctrl + [ ⌘ + [
最背面へ移動 Shift + Ctrl + [ Shift + ⌘ + [

関連記事一覧

PAGE TOP